2016年3月31日木曜日

Message In A Bottle: The Art of Slow Living レオン・カータイ写真展

2010年と2012年に開かれた香港フォトフェスティバルのオーガナイザーでもある写真家のレオン・カータイさんの写真展がHong Kong Design InstituteのなかにあるHKDIギャラリーで開催されていた。HKDIは香港のダウンタウンから少し離れたTiu Keng Lengという地下鉄の駅の目の前にある。モダンな建物でファッションデザインからプロダクト、インテリア、デジタルメディアといった多方面のデザインの学校になっているようだ。周辺は校外のニュータウンといった風情で自転車専用のレーンが整備されている静かなエリアになっていた。

レオンさんと妻のレベッカさんは2013年の10月からコンテナ船に乗って太平洋を南アフリカへ35日間にわたって旅をした。その間に彼らは彼らと友人達によるメッセージをビンに詰めてところどころで海に放りこんだ。そのメッセージはどこの誰ともわからない人へ向けたメッセージで届くか届かないのかも不確かなものだった。メッセージには放り投げた場所の位置も刻印された。
世界中がデジタルで瞬時につながる現代の世界に対して気の遠くなるような時間と不確かなコミュニケーションを試みたのだった。
続いてレオンさんは15世紀のコロンブスらの新大陸を発見した旅をなぞるようにコロンビア、エクアドル、ペルー、チリ、アルゼンチン、キューバを陸路で旅を続けていった。

メッセージを入れたビンは幸いにもカナダの海洋生物学者のカーラ・クロスマンさんに8ヶ月後に拾われた。海洋調査に出かけていたある日にカーラさんは海に浮かぶビンをみつけて同僚にふざけて、もしかしたらメッセージがはいったビンなのかもよ、と捕獲してみたそうだ。レオンさんに連絡がはいり、彼らは流されたビンのメッセージによって結びつけられたのだ。

展示は32のビデオスクリーンに映し出された船旅とビンを投げる映像、船の窓ごしに見える移り変わる海の風景、アクリルに挟まれた海のランドスケープが波のようにうねっている展示、友人達のメッセージ、カーラさんをインタビューしたビデオなどで構成されていた。

このインスタレーションにインスピレーションを与えたのはガルシア・マルケスの『コレラの時代の愛』ということ

















HK Photobook Fair 2016

昨年にひきつづき今年もHK Photobook Fairが開かれた。2回目ともなるといろいろな問題点も見えてきたように思う。

今年もアートバーゼル香港やアートセントラルといった大きなアートフェアが行われる週間にHK Photobook Fairも開かれた。アートフェア同士はお互いの出展者同士での競合も生まれるわけだが、マーケットが国際的になればなるほど同じ時期に開催した方がそれぞれにとって利益になるはずだ。世界のコレクターにしてみれば、同じ時期に複数のフェアやイベント、展覧会があれば一回の渡航でさまざまなアートを見る事ができるし、比較もできる。そして普段は世界中を飛び回っているギャラリストなど関係者にも直接会って情報交換をしたり交渉もできるので極めて便利なはずだ。
今回はアートバーゼル香港にレオナルド・ディカプリオが現れたということだ。セレブリティであればわかりやすいけれども一般の人にはわかりずらい世界的なコレクターもやってきたに違いない。
香港の人はイベント好きで有名だという。アートフェアのようなイベントもディズニーランドにいくような気分で出かける人も多いらしい。アートバーゼル香港のチケットもソールドアウト続出でチケットを買うのに何時間待ちという噂も絶えなかった。

アートバーゼル香港は昨年同様にやや保守的な傾向が見られた。やはりブース代が高いせいだと思われるが、アンディー・ウォーホールやダミアン・ハーストといった高額な著名アーティストが多かったように思う。それに比べるとアートセントラルは実験的な作品も多く、アートにおけるあらゆる手法が試みられていてとても面白かった。
意外だったのは昨年多く出展されていた写真作品が殆ど無くなっていた点だ。ということは昨年香港では写真はあまり売れなかったか、単価が低いために敬遠されたのかもしれない。
今年は香港バブルもはじけていて、景気の後押しはなく売り上げがどのくらいなのかはまださだかではないがこのサイトを見ると昨年よりは低調なかんじがうかがえる。
Live Sales Report: Art Basel In Hong Kong 2016

http://hk.blouinartinfo.com/news/story/1361277/live-sales-report-art-basel-in-hong-kong-2016-final

さてHK Photobook Fairだが昨年は最初の年ということもあり、客足が少ないのは致し方ないのかな、と思えたのだが、今年も最初の平日の2日間の入場者はとても少なかった。なんだか出展ブース同士の交流会なのかな、と思うほどお互いの出展物を見る時間のほうが多かったようだしお客さんと会話するよりも出展者どうしで会話する方が多かったように思う。ブースにいても思わずあくびがでるほどであった。出展者はそれ相応の渡航費と滞在費および出展料を支払ってやってきているのでかんじんのお客さんが来てくれないのはほんとうに困りものだ。自分のブースが売れるか売れないかは出展者の責任だとしてもかんじんのお客さんがきてくれないことには判断材料すらないことになってしまう。


少ない情報をたよりに来てくれたお客さんに聞いたところでも、だいたいクチコミで知ったとか、極端な方ではブラジル在住のお友達から聞いて知ったという方もいたのが驚きだった。物見高い香港のお客さんがこれほど少ないというのは明らかにパブリシティのやり方に問題があると考えていいだろう。

オーガナイザーがこのフェアを将来どのくらいの規模にしたいと考えているのか、というヴィジョンもまだ見えない。隣のブースの方が中国本土からの出展者だったのでフォト上海に出版ブースがあるのかな、と質問したのだけれどフォト上海の出版ブースは殆ど無い、という話だった。それと中国本土では出版物への検閲もあるので上海での出版ブースはあまり期待できない、という話であった。

2010年と2012年に行われた香港フォトフェスティバルでも森山大道の写真展が大盛況であったという話だし、香港の人の写真に対する関心もどんどん高まっていると思う。開催中には後藤繁雄さんや、小山登美夫さんもきてくれて関係者の感心の高さもうかがえた。
この先香港がアジアのアートフェアの中心地となっていく可能性は高いと思えるし、今後香港で写真関連のフェアを開催するのは将来的にもとても有意義なはずだ。ぜひとも大きなフェアに成長させてほしいと願っている。

2015年7月6日月曜日

HK Photobook Fair



  数年以上前から香港の中心部の不動産はバブルの様相を呈するように上がり始めた。マンションでも億を超える物件でなければなかなか手に入らないらしい。古 い高層マンションも次第に取り壊されて、大手デベロッパーが開発するすっきりとモダンな街並みへと変化しつつある。新しい空港やディズニーランドのほうに 広がっていく郊外にもどんどんとおなじみの超高層マンションが続々建設されていく。ディズニーランドよりも香港人に人気のオーシャンパークにもインドや中 国本土からの観光客の団体がどっと押し寄せている。 

 そうした香港の隆盛にあわせるように毎年3月にはアートバーゼル香港が開催されている。今年は億単位のコンテンポラリーアートを購入するコレクターがあったとも噂されている。
HK Photobook Fairはアートバーゼル香港の開催される期間にあわせて禅フォトギャラリーを運営するマーク・ピアソンさんの企画で開催されることになった。ちょうど家 族の用事で香港を訪れることになっていたことから、急遽このフェアに参加させていただくことになった。
開催期間は3日間だったが、後半の2日間に 参加することができた。昨年から少しずつポートフォリオボックスや写真集など販売できるような商品づくりに取り組んでいたので、3点の作品を持参した。田 原桂一氏のプラチナプリントポートフォリオボックスは限定50部で28万円、セリーン・ウーの和紙プリントの絵巻も限定5部で26万円、永田の写真集はヘ キサクローム版で定価23000円のものを3冊持って行った。
他に参加したのはスーパーラボや冬青社、香港や台湾の出版社などで手頃な値段の写真集の出品が多かったので、まあ、とりあえず今回は作品を見てもらえればよしとしよう、というくらいのつもりで参加した。

  まだパブリシティ不足なのか、客足も少しずつなかんじだったが次第にフェースブックなどの口コミでひろがっていったらしく写真集好きの香港人がだんだんと やってくるようになって、一人で何冊も買っていく客もふえはじめた。こちらはセールスは期待していなかったので、交代でアートバーゼル香港を見に行ったり 気楽に構えていた。香港という街は世界中からいろいろな人が集まってくるところのようで、ブースに座っているとヒューストンフォトフェストで会ったヨーロ ピアン・フォトグラフィーを出版している写真家のアンドレアス・ミューラー・ポールが突然現れたり、スーザン・スピリタス・ギャラリーのスーザンの娘と大 学が同級生だったというプリントサービスなどを仕事としている人が現れたり、フラクションマガジンジャパンに掲載した写真家のヴィンセント・ユーがやって きたりとそれなりに思いがけない出会いを楽しむこともできた。

  会期後半になってくると、田原桂一のポートフォリオボックスを見せてくれという人や、セリーン・ウーの絵巻を見たいという人もでてきて見てくれるだけでも ありがたいな、ということでゆっくりと見てもらいながらなるべく商品の特徴も説明するように努めた。ところが驚くことに、じゃ、買います、というお客さん が現れてこちらがびっくりすることになった。以前にヴィンセント・ユーさんから香港人は物見高くオリジナルプリントもたくさんの人が見に来るけれどアート を買う習慣がないので売れない、と聞いていたからだ。購入したのはCMを製作する会社の監督さん、ファッションショーなどをプロデュースする人、ジュエ リーデザイナーといった人たちだった。

 結局持って行った作品は全部売れてしまった。なるほど、香港の好況はこのような人たちにアートを買う余裕を生み出しているのかな、と感じた。そしてその背景には中国本体の経済発展があるのだろう。
成熟社会に突入したもののパラダイムシフトに乗れずに停滞する日本の閉塞感とは全く違う上昇気流が香港には立ちのぼっているようだ。

フラクションマガジンジャパンのブース。東京ルマンドさんがウォン・カーウァイに敬意を表して「Fallen Angel」のミシェル・リーばり(ん、カレン・モクだった?)のヘアピースで登場したので、彼女にうちのブースに立ってもらってスナップ。


クリス・ショウのプレゼンテーション

ヒューストン・フォトフェストで出会ったドイツ人写真家のアンドレアス・ミューラー・ポール氏が突然現れた。

スーパーラボのホウキさんとクリス・ショウ
残り少ない在庫になったスーパーラボのブース

香港の写真家が飛び入りでゲリラ的な写真の展示



ナイーブな作品を展示していた香港の写真家のブース

冬青社のブースを見る写真家のヴィンセント・ユー氏


アートバーゼル香港に出展された写真作品をざっとスナップしてみた。ビル・ブラントのパースペクティブ・オブ・ヌード
ダイアン・アーバス
新正卓氏のフォトも出品されていた。
Tina Lechnerという写真家のバウハウスを思わせるような作品

アンリ・カルティエ・ブレッソン
トマス・ルフ
ロバート・メープルソープ
森村泰昌
ベッヒャー夫妻。写真はどちらかというと古典的な作品が多かった。
山口はるみや空山基の作品もあった。
メインスポンサーはUBS。子供のためのツアーをやっていた。