2015年7月6日月曜日

HK Photobook Fair



  数年以上前から香港の中心部の不動産はバブルの様相を呈するように上がり始めた。マンションでも億を超える物件でなければなかなか手に入らないらしい。古 い高層マンションも次第に取り壊されて、大手デベロッパーが開発するすっきりとモダンな街並みへと変化しつつある。新しい空港やディズニーランドのほうに 広がっていく郊外にもどんどんとおなじみの超高層マンションが続々建設されていく。ディズニーランドよりも香港人に人気のオーシャンパークにもインドや中 国本土からの観光客の団体がどっと押し寄せている。 

 そうした香港の隆盛にあわせるように毎年3月にはアートバーゼル香港が開催されている。今年は億単位のコンテンポラリーアートを購入するコレクターがあったとも噂されている。
HK Photobook Fairはアートバーゼル香港の開催される期間にあわせて禅フォトギャラリーを運営するマーク・ピアソンさんの企画で開催されることになった。ちょうど家 族の用事で香港を訪れることになっていたことから、急遽このフェアに参加させていただくことになった。
開催期間は3日間だったが、後半の2日間に 参加することができた。昨年から少しずつポートフォリオボックスや写真集など販売できるような商品づくりに取り組んでいたので、3点の作品を持参した。田 原桂一氏のプラチナプリントポートフォリオボックスは限定50部で28万円、セリーン・ウーの和紙プリントの絵巻も限定5部で26万円、永田の写真集はヘ キサクローム版で定価23000円のものを3冊持って行った。
他に参加したのはスーパーラボや冬青社、香港や台湾の出版社などで手頃な値段の写真集の出品が多かったので、まあ、とりあえず今回は作品を見てもらえればよしとしよう、というくらいのつもりで参加した。

  まだパブリシティ不足なのか、客足も少しずつなかんじだったが次第にフェースブックなどの口コミでひろがっていったらしく写真集好きの香港人がだんだんと やってくるようになって、一人で何冊も買っていく客もふえはじめた。こちらはセールスは期待していなかったので、交代でアートバーゼル香港を見に行ったり 気楽に構えていた。香港という街は世界中からいろいろな人が集まってくるところのようで、ブースに座っているとヒューストンフォトフェストで会ったヨーロ ピアン・フォトグラフィーを出版している写真家のアンドレアス・ミューラー・ポールが突然現れたり、スーザン・スピリタス・ギャラリーのスーザンの娘と大 学が同級生だったというプリントサービスなどを仕事としている人が現れたり、フラクションマガジンジャパンに掲載した写真家のヴィンセント・ユーがやって きたりとそれなりに思いがけない出会いを楽しむこともできた。

  会期後半になってくると、田原桂一のポートフォリオボックスを見せてくれという人や、セリーン・ウーの絵巻を見たいという人もでてきて見てくれるだけでも ありがたいな、ということでゆっくりと見てもらいながらなるべく商品の特徴も説明するように努めた。ところが驚くことに、じゃ、買います、というお客さん が現れてこちらがびっくりすることになった。以前にヴィンセント・ユーさんから香港人は物見高くオリジナルプリントもたくさんの人が見に来るけれどアート を買う習慣がないので売れない、と聞いていたからだ。購入したのはCMを製作する会社の監督さん、ファッションショーなどをプロデュースする人、ジュエ リーデザイナーといった人たちだった。

 結局持って行った作品は全部売れてしまった。なるほど、香港の好況はこのような人たちにアートを買う余裕を生み出しているのかな、と感じた。そしてその背景には中国本体の経済発展があるのだろう。
成熟社会に突入したもののパラダイムシフトに乗れずに停滞する日本の閉塞感とは全く違う上昇気流が香港には立ちのぼっているようだ。

フラクションマガジンジャパンのブース。東京ルマンドさんがウォン・カーウァイに敬意を表して「Fallen Angel」のミシェル・リーばり(ん、カレン・モクだった?)のヘアピースで登場したので、彼女にうちのブースに立ってもらってスナップ。


クリス・ショウのプレゼンテーション

ヒューストン・フォトフェストで出会ったドイツ人写真家のアンドレアス・ミューラー・ポール氏が突然現れた。

スーパーラボのホウキさんとクリス・ショウ
残り少ない在庫になったスーパーラボのブース

香港の写真家が飛び入りでゲリラ的な写真の展示



ナイーブな作品を展示していた香港の写真家のブース

冬青社のブースを見る写真家のヴィンセント・ユー氏


アートバーゼル香港に出展された写真作品をざっとスナップしてみた。ビル・ブラントのパースペクティブ・オブ・ヌード
ダイアン・アーバス
新正卓氏のフォトも出品されていた。
Tina Lechnerという写真家のバウハウスを思わせるような作品

アンリ・カルティエ・ブレッソン
トマス・ルフ
ロバート・メープルソープ
森村泰昌
ベッヒャー夫妻。写真はどちらかというと古典的な作品が多かった。
山口はるみや空山基の作品もあった。
メインスポンサーはUBS。子供のためのツアーをやっていた。

2014年12月4日木曜日

アンシーンフォトフェアとアムステルダム

Unseen Photo Fairはパリフォトなどと同じようなコマーシャルギャラリーが写真を展示販売するアートフェアで、木曜から日曜までの4日間アムステルダムで開かれます。ことしはブレダフォトフェスティバルが開かれてから1週間後の9月18日から21日まで開かれました。
17日水曜の晩はオープニングパーティがあり、とてもにぎわっていました。ブレダに参加したトッド・ハイドや東京で写真展をしたジュリア・フラートン・バッテン、ブレダフォトの関係者や参加した写真家も集まってきていました。日本からはG/Pギャラリーが参加した他、港千尋+後藤繁雄キュレーションによる「アニマ・オン・フォト」という特別展示もあり日本から参加した写真家も多数来ていました。参加したギャラリーは50を越えていて日本ではあまりなじみのないオランダやベルギーのギャラリーも多数参加していました。
展示された作品の傾向は一言で言ってコンテンポラリーアートとしての写真というかんじの作品が主流だったと思います。
アムステルダムの街というのはとてもコンパクトな街で、トラムという路面電車でほとんど市内をめぐることができます。住んでいる人達は自転車を利用している人も多くてタクシーなどはかえって不便なところもあるくらいです。
FOAM Magazineという写真雑誌が有名なのですが、FOAMというのは大きな会社のようで、街中にはFOAM Museumという写真美術館もあります。市内にはもうひとつ写真美術館もありますし、国立美術館に行けばフェルメールやレンブラントを見る事が出来ます。近代美術館にはシンディ・シャーマンなどの写真も収蔵されているのでアンシーンフォトフェアにきたついでにかなり多くのアート体験ができるわけです。少し足を伸ばしてロッテルダムに行くとさらに写真美術館がひとつあって、今回はそこでマーク・コーエンの写真展を見る事が出来ました。


オランダの人に言わせるとロッテルダムは働く人の街でアムステルダムは議論する人の街だということです。僕たちのような働き者の日本人が海外に行くとカフェやレストランでなかなか注文をとりにきてくれない、とかお勘定しようと思っても全然気がついてくれないといった場面に遭遇して欧米の人ってサービスが悪いな、ということをよく感じると思うのですが、オランダの人に聞いたところではそんなにひっちゃきに働くのは健康的じゃない、ということなのだそうです。要するに成熟した社会であるヨーロッパではアート鑑賞や演劇や音楽といったことに時間を使い、ゆったりとした個人生活を楽しみ、労働にしばられたくない、という感覚なのでしょう。日本のように自殺者が増えるような社会よりは多少サービスが悪くてもゆったりした時間を過ごせる社会のほうがいいことはたしかでしょう。
ただ、そうした生活ができる層とそうではない人達がいるのもまた成熟社会の一面で、ブレダに出稼ぎに来ていたシリア人のタクシー運転手の話では、オランダは物価が高いので、住むところも高いし、日常生活を送るためのものを買うのも大変ということでした。シリアにいれば生活自体はとても安くすむそうですが仕事がないので仕方なくオランダに出稼ぎに来ているのでしょう。


さて、アムステルダムやブレダのイメージを一言で言えばやはり運河が街中を流れていて時間の余裕が感じられる街ということでしょう。そしてその余裕からなのか、オランダ人はとても親切です。僕がオランダに着いた日はスキポール空港からすぐにブレダ行きの電車に1時間ばかり乗って夜の9時頃にブレダ駅についたのですが、ホームに降りた途端に一人の紳士がやってきて、どこに行くんだ、なにマストポスホテル、そりゃ歩いてはいけないよ、駅のあっちの方角にバス停があってタクシーも止まっているからそこからタクシーに乗るといいよ、と親切にも懇切丁寧に教えてくれました。
バス・ウィルダーさんも我々がブレダに到着した日からアムステルダムを立つ日までほんとうにべったりとさまざまなスケジュールにつきあってくれていました。彼の住まいはロッテルダムにあるので、ブレダやアムステルダムにいるときは友人のところに泊まったり、夜遅くにロッテルダムまで帰ったりとそれはハードなスケジュールだったと思います。石山さつきさんの留学時代のお友達も我々の買い物やら食事やらにつきあってくれたり、ほんとうにオランダの友人たちの親切で献身的な行動には頭が下がる思いでした。


 Foam Museum の入り口


ダニエル・ゴードンの写真展が開催されていた。
ダニエル・ゴードンのワークショップが開かれていたのでご本人とも遭遇。作品は8X10で製作しているのだが、最近デジカメでも試しているとのこと。でも高いので参っていると言っていた。


アムステルダム市内にあるPhoto Q Bookshop。

Photo Q Bookshopのレアもの写真集コーナー

Photo Q Bookshop カウンター

 Photo Q Bookshopにて。この場所から駅近くのもう少し広い場所に移転する予定とのこと。オーナーのエディ・ピーターさんは写真集関連のワークショップもやりたいと言っていた。

アムステルダム市内のもうひとつの写真美術館






ロッテルダムの海からの風景

ロッテルダムにて。ここに住む植村ひこさんにもお会いできた。植村ひこさんはFrom Fraction Magazineで紹介された日本の写真家。

マーク・コーヘンの写真展が開かれていたロッテルダムの写真美術館。

Unseen Photo Fairオープニングパーティ

G/Pギャラリーのブース。後藤繁雄さん始め深井佐和子さん、写真家の小山泰介さん、細倉真弓さん、横田大輔さん、吉田和生さんなどが来ていた。

G/Pのブースでトッド・ハイド氏。

ジュリア・フラートン・バッテンとドイツ人のお母様。





森山大道作品
森山大道作品の値札

以下、展示販売されていた写真作品。一見してわかるようにストレートな写真は少なく、ほとんどがコンテンポラリーアート的な作品だった。























会場エントランス


ブックショップブースのなかのPhoto Q Bookshop

Eyes of Japanと題されたシンポジウム。サイモン・ベーカー、アイヴァン・ダルタニヤン、後藤繁雄などが出席。
アニマ・オン・フォト展示会場

アニマ・オン・フォト展示会場

アニマ・オン・フォト展示会場・うつゆみこさんの作品

西野荘平さんはアムステルダムの作品製作現場をそのまま展示

ゴリガブックスが企画した西野荘平ボックス。アムステルダムのコラージュ写真が5枚入る特別ボックスで限定110部とのこと。

Lens Cultureのジム・キャスパーさんと奥様
video
ジム・キャスパーさんから日本人の写真家にメッセージです。