2014年5月1日木曜日

ニューヨークのフォトギャラリー

さほど広くないマンハッタンを中心としたエリアのなかで老舗ギャラリーが集まる57丁目、大型ギャラリーがひしめくチェルシー、新興のギャラリーがあるブルックリンのダンボ地区、そして新しいエリアとして注目を集めるミートパッキングディストリクトやロウアーイーストサイド、イーストビレッジなどがある。

ニューヨークに行ったらまずICP(インターナショナルセンターオブフォトグラフィー)を訪ねてみよう。ここにもギャラリーがあり、さまざまな写真のワークショップが開かれている。ここでギャラリーのガイドブック Photographyを買い求めると、現在開催中の写真展やギャラリーガイドがエリアごとにでている。
どのギャラリーを訪ねても気軽にはいれるし、写真の値段とエディションはカウンターなどにおかれているカタログに書かれていることもある。
57丁目とチェルシーくらいなら1日あればだいたいまわることができる。余裕があればガゴシアンギャラリーやペース・マッギルギャラリーなどの大手のコンテンポラリーアートギャラリーもついでに訪ねてみるといい。

また写真集専門の本屋さんであるダッシュウッドブックスは必ず立ち寄りたい。運が良ければ写真家のサイン会が開かれていたり、フラクションマガジンジャパンにコラムを書いていらっしゃる須々田美和さんに会えるかも知れない。

(2010年10月取材)

 57丁目のフォトギャラリーはたいがいこうしたビルの上の階にある。

 Howard Greenberg Gallery。細江英公、植田正治、井津けんろう ウイリアム・クライン ダイアン・アーバス ビル・ブラント アンリ・カルティエ・ブレッソン ユージン・スミスといった錚錚たる写真家をあつかっている。
 Amador Gallery
Bonni Benrubi Gallery
Edwynn Houk Gallery
Bettina Rhiemsの作品を展示中。Edition 3~5で22000~32000ドル。
Laurence Miller Gallery
Hasted Hunt Kraeutler.チェルシーのギャラリー
Jeff BarkのLucifer Fallsを展示中。大きさは121x127cm, 127x161cmといった大型作品。Edition は5で14500~24000ドル。売れるのかなと思っていたが、ほとんどの作品が4まで売れていて驚いた。
Bruce Silverstein Gallery
Beyond COLOR. というタイトルでアメリカの50年代から70年代の作品を展示していた。
Julie Saul Gallery
Jeff Chien-Hsing Liaoの作品
Yancey Richardson Gallery.Laura Letinskyの”After All"を展示中。73x104cm, 93x134cm, 104x147cmの大きさでEditionは9のものが5000ドル
Aperture Gallery. Paul Strandを展示中。
Clamp Art
Santa FeやHoustonのレビュアーもつとめる仕事中のBrian Clamp
Sous Les Etoiles The Galleryはソーホーにある。
Soho Photo.ここは月一回レビューをして展示ができる写真家が決まるようだ。
Hei Hot Shotコンペや20x200をたちあげて有名になったJen Beckman Galleryもソーホーの近くにある。
Dashwood Books
Dashwood Booksの店内

デール・カプランさんに聞く

2010年にニューヨークなどのフォトマーケットを取材しましたが、レクチャーや雑誌などに掲載したためブログにアップしていなかった記事を順次あげていこうと思います。

彼女に現代の写真をとりまく状況についてお話をうかがった。


*ニューヨークには写真専門のギャラリーはどのくらいあるのですか。


写真専門のギャラリーは50 ~60軒くらいです。コンテンポラリーアートを扱うギャラリーまで含めれば100軒以上ありますね。
エリアでいえば、老舗ギャラリーが集まる57丁目、大型ギャラリーが集まるチェルシー、新しいギャラリーがあるブルックリンのダンボ地区がありますが新しいギャラリーはホイットニー美術館が移転予定のミートパッキングディストリクトやロウアーイーストサイド、イーストビレッジなどのエリアにも進出しています。


*写真のコレクターにはどんな方がいらっしゃるのですか。


大きく分けるとソフィスティケーテッドコレクターと呼ばれる伝統的なコレクターとヤングコレクターといわれるIT産業などに代表される若くして成功したコレクターがいます。
ロウアーイーストサイドなどにギャラリーが進出しているのはヤングコレクターが台頭してきたせいでしょう。
また今ではインターネットが発達してきたせいでスワンでも世界中からコレクターが訪ねてくるようになっています。


*コレクターは写真やアートのどんなところに魅力をかんじているのでしょうか。


普通たいがいの人はそれほどクリエイティブな生活をおくっているわけではありません。自分でなにかを創造することはなかなかできないのです。決して大きな作品がいいわけでもなく、小さな心に響くような作品でも作家がどんなことを訴えかけたいかが明確であれば、作家の志に共感して作品を購入するようになるでしょう。そしてValue of Life、生きていることの意味や価値観をそこに見いだすのです。


*20世紀はアーヴィング・ペンやリチャード・アベドンといった写真の巨匠を生み出してきました。21世紀の写真界のスターはどんなところから生まれると思いますか。


アベドンやペンはメディアを利用できたのです。20世紀は雑誌などのメディアの力がすごく強かったから。彼らはメディアの力を利用することでとても有名になりました。でもこれからは違うわね。インターネットが発達してきてメディアの影響力は弱くなってしまっています。
今後はギャラリーシステムを通じて写真界の次のスターを検証することになっていくでしょう。ファッション写真家も広告写真家もみんなこのギャラリーシステムにはいりたがっています。

(2010年10月取材/ デール・カプランさんへのインタビューは当時スワンオークションギャラリーで研修をされていた須々田美和さんのご手配によって実現しました。須々田さんが同席してくださり通訳をしてくださったことに感謝いたします。)


 デール・カプランさんはコレクターのためのレクチャーなども行っている。
 スワン・オークション・ギャラリーのDM
 写真のオークションは10月のメイン・オークションの他にも年に数回行われるようだ。



2014年4月29日火曜日

KYOTOGRAPHIEを見てきました。

KYOTOGRAPHIEを見てきました。一言で言うと大人のフォトフェスティバルでした。これまでの日本のフォトフェスティバルに足りない要素=写真祭の構造が明確になっていること、写真祭のメッセージを正確に発信していること、地域との協働、企業との協働、運営における心配り、参加する写真家に対する心配り、キュレーションに対する心配り、観客に対する心配り、運営の資金面等々がとてもよく行き届いている、またはそうする意志があるように見うけられる、ということです。
単なる思いつきやおおざっぱな枠組み、安易な賞の設定だけでは世界の写真愛好家に継続的にアピールすることができないと思います。なぜ日本から発信するべきなのか、いいところも悪いところもふくめて問いかけて行く必要があると思うのです。
このフォトフェスティバルを主催している人はアルルや諸外国のフォトフェスティバルの構造をよく研究していると思います。どのフェスでも主催している人の思いだけでは、上記のことをうまくやりくりするのは困難を極めます。なによりも協力してくれる写真家、キュレーター、観客に気持ちよく写真のお祭りを楽しんでもらうために必要な資金と人力を調達してこなければなりません。また地域の人々と同じ思いを持ってその地域を活性化するための配慮がなければなりません。 
ルッカでもヒューストンでも市長などのその地域のトップがニコニコと挨拶にやってくるのはそういう意味ですよね。日本では新潟・十日市で開かれる大地の芸術祭が地域との連携がうまくいきだしたフェスになっていると思います。KYOTOGRAPHIEでは町屋を展示場所に使ったところも多いのが期待できるところ。ヨーロッパの街ではコルドバやルッカなど旧市街と新市街をわけて歴史的な街並みと新しいニーズに対応できる街並みをうまく分けているところも多い。京都もぜひKYOTOGRAPHIEなどを媒介にして古い街並みをうまく保存して現代に対応していければいいと思います。

京都は学生時代からよく訪れた街で親しみが格別に深い街です。工作舎時代には遊ジャパネスク号での「御飯ですよ」の撮影、祇園祭、横須賀功光氏の撮影に同行しての御所の撮影などで訪れているし、コマーシャル時代にもロケが何度かあって訪れています。それでもここしばらくこなかったのだな、と新しくなった京都駅を見て感じました。空港のターミナルみたいなこのモダンな建物はほんとに京都にふさわしいのでしょうか。

ともあれKYOTOGRAPHIEが京都の街を彩りアジアから写真の光をなげかけるフォトフェスになるといいと思います。アルルやルッカにいかなくても国際的なフォトフェスの香りを楽しめるものなのでぜひ足を運んでみるといいでしょう。
5月11日まで開催しています。僕はJR東海ツアーズのぷらっと京都パッケージを利用しました。二人部屋で往復新幹線込みで一人24400円。このツアーだと新幹線の時刻がかなり限定されていて、6時、7時台の早朝出発と20時、21時台の遅めの帰りの時間が割増料金なしでとれます。それでもこの時間帯に行けばたっぷり2日間フォトフェスを楽しめてついでにおいしいものを食べたりする時間もあるというわけです。ホテルはからすま京都ホテルにしたので、ホテルから歩いて行ける範囲に5つの会場があったのも便利でした。KYOTOGRAPHIEのがんばったところはこの期間サテライト企画として京都のほぼすべてのギャラリーで写真展が開かれていること。サテライト企画を全部見ようと思ったら2日ではちょっと足りないでしょうけどね。
 
ルッカでもルネッサンス時代の建物に写真をどう展示するか工夫されていた。ここでも竹をうまく使っている。







 カタログのデザインは黒と赤を基調としていておしゃれにまとめてある。デザインはなにをメッセージしているかを伝える重要なポイント。
 京都市長のメッセージがのっている。行政をまきこむことも重要なポイント。カタログの領収書をもらったら一般社団法人KYOTOGRAPHIEとなっていた。組織を会社にするかNPOにするかなど含めて運営の受け皿をきちんとしておくのは主催者の意志を明確に表明していることにつながる。
 会場は市街のさまざまな場所を利用しているので分散している。地図は無料で配布されている。赤い数字を打ったものはパスポート入場券。2000円。
 フライヤーは本展とサテライトと2枚用意されている。
各会場にはそれぞれの簡単な解説パンフレットが置かれていて親切。

2013年1月16日水曜日

Photo l.a. フォトL.A.

毎年1月ロセンジェルスで恒例のアートフェア・Photo l.a.が開かれます。ちょうど今週から開催されるわけですが、おそまきながら、2011年の様子をご紹介しておきましょう。ファットフォトに寄稿したのでその時の原稿を掲載しておきます。

毎年1月にロサンジェルスで開かれるPhoto l.a.は、アメリカのウエストコーストを代表する写真のアートフェアだ。
アメリカの景気低迷で、数年前には開催を危ぶまれた時期もあったというが、今年は少し活気を取り戻したようにみえる。会場のサンタモニカシビックオーディトリアムはビーチのすぐそばの好立地。連日、好天とぽかぽか陽気にめぐまれ、2日目にはブラッド・ピットも訪れたそうだ。
写真専門のギャラリーを開業してなんと今年で35周年を迎えるというスーザン・スピリタス・ギャラリーは15年目の参加だという。オーナーのスーザン・スピリタスによると、アメリカのフォトマーケットはイーストコーストとウエストコーストではまったく違うということだ。ニューヨークの特徴はハイエンドコンテンポラリーといわれエディションも少なくサイズも大きく、値段も高い。ウエストコーストはコンテンポラリートラディッショナルといわれて、クラシックなものとコンテンポラリーの中間をいき、サイズは小さめという。値段も手頃な価格帯が多い。スーザンは今年から景気が上向いている感触をつかんでいるそうで、所属アーティストの一人、スーザン・バーンスタインの新作にはどんどん買いがはいっていた。
今年の特徴は中国やヨーロッパのギャラリーの参加がふえたことだろう。写真の傾向もよりコンテンポラリーなものがふえている。アメリカのマーケットはどちらかというと保守的。ニューヨークのAIPADもクラシックすぎてあきられているといわれるなかPhotoLAのこれからの動向は気になるところだ。コレクターのためのレクチャーやスティーブン・ショアなどのレクチャーなども盛りだくさんなので写真愛好家にはうれしいかぎりだ。
またCenter主催のポートフォリオレビューReviewLAも同時開催される。ゲッティミュージアムやLACMAのキュレーターなど主にウエストコーストのレビュアーが中心。 レビューを受けるときは自作をきちんと解説できること、何を目標としているかなど明確に伝えることが基本。日本と違って写真家とフォトマーケットのビジネスの現場なので、レビュアーとのきちんとしたコミュニケーション力は必須条件である。

2012年8月2日木曜日

Lenscratch マンジャリ・シャルマ

インド出身のフォトグラファー、マンジャリ・シャルマが、2011年1月8日から2月12日までロサンゼルスのコペイキン・ギャラリーで写真展を開催する。マンジャリは、2月12日にムンバイから出発、クロージングに参加をする。また、このクロージングでは、インド料理が振る舞われる。是非、ご参加ください!コペイキン・ギャラリーでの展示作品は、彼女の「シャワー」というプロジェクトからのもので、彼女が現在住んでいるニューヨークの自宅のシャワールームで撮られたシリーズ、そして、「ウォーター」というプロジェクトは、ブラジルのエメラルド海岸で撮影されたものである。


マンジャリ・シャルマは、ムンバイのS.V.T. 大学のビジュアル・コミュニケーション学部で学位を取得。2004年にメディア・スタディーズで美術学士課程修了、コロンバス・アート&デザイン大学で写真学を学んだ。新しいシリーズは「アナスタシア」。彼女の作品はどれも色っぽく、このシリーズも例外ではない。「アナスタシア」は、カラーで撮影されており、扮装をしたり、意味深なしぐさを捉えたもの。作品からは、白昼夢と現実の二つのリアリティーを行ったり来たりするような不思議さが感じられる。

アナスタシアのステートメント:私がやって来た町は、美しさと孤独の二つのものが響き合うような場所だった。ニューヨークに住み、そこでアナスタシアに出会った。彼女は、一年余り前の作品シリーズの主人公である。アナは外国からやって来た、私も同じく、海外からアメリカへやって来た。豊かで派手な都会の生活に憧れてやって来た私たちの心は、完全に打ち砕かれた。


アナスタシアと共に、ここに住み始めてから、すでに5、6年になるが、大都会には期待したような華やかな生活はなく、あるのは孤独だということがわかってきた。出身がアメリカ中西部であろうが、インドであろうが、淋しさは、誰にとっても淋しさであることに変わりはない。このプロジェクトで、私はアナスタシアの私生活を断片的に追いながら、フィクション・ライターとして、彼女を客観的に見ることにした。


社会に馴染めなかったり、社会の中で孤独感を感じたりするという経験を、誰でもがするのだというのは強く感じる。たとえ、ぎゅうぎゅう詰めの地下鉄の中でさえ、孤独を感じることがある。でも、都会の喧噪や会社での仕事にまぎれていると、寂しさを感じることさえ、忘れてしまいそうだ。今回のシリーズでは、陰気で、寂しがり屋なのに、時としてエキゾチックで華やかで陽気な面を見せたりする、人間の理解しがたい複雑さを捉えるべく、私たち誰もが持っているかもしれない、秘密の花園を追いかけてみた。

各写真はクリックすると拡大表示されます。
 
マンジャリ・シャルマ ウェブサイト Manjari Sharma
(翻訳:若林泰子)